鉄道① 台湾新幹線は日本とうり二つ

今日は台中から台北へ鉄道で移動します。
まずは台中火車駅から高鐵駅へ移動です。
特に迷うこともなく移動できました。
プラットホームにはキヨスクみたいな商店もあって、
日本と何ら変わりませんね。安心です。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

 台湾高速鉄道(Wikipediaより抜粋)
1999年9月21日に台湾大地震が発生したが、欧州方式は地震に対する防御策が十分ではなかったことなどから、日本側が盛り返し始める。最終的に台湾政府は、台湾高鉄の協力先を早期地震検知警報装置(ユレダス)を導入していた日本連合に切り替えることに決定した。

元々はフランス・ドイツの欧州連合に決まってたけど、
地震に強い日本勢が逆転で契約したんですね。
日本式が導入されたことは、ざっくりとは知ってたんですが、
実際に駅についてみてびっくり!
駅構内の案内標識から日本と似てるな~と感じてましたが、
車両に乗り込むと、日本の新幹線と全く同じです!
特に車両間を区切る扉上の電光掲示板。
ニュースが流れてるとこが全く同じで、
思わず笑っちゃいました。(流れる文字は繁体字です)
台中-台北間の短い時間でしたが、
安心で快適な電車旅を味わえました。


2010年当時は工事中でした。


これを見てホッとしました。日本と全く同じですね。

スポンサーリンク

フォローする