九份② 九份食べ歩き

瑞芳駅からタクシーで山道を登ること数十分、
いよいよ九份観光スタートです!
私たちはここでも調査が甘く、
全体図を把握できていません。。
とにかく勘を頼りに、さまよい歩きます。
(地図を用意することをお勧めします)

さまよい歩いていると
見たことのない食べ物を発見。
「肉圓」(バーワン) というやつです。
赤黒いゼリー状のものに、パクチーが添えられていて・・・
正直、見た目からしてアウトです。( ノД`)

しかし、せっかく異国に来てるんだし、
日本ではなかなか食べれなさそうな、
こんなの見たことない!ってやつを
食べとくべきでは?
食べとかないと絶対後悔するぞ!
こんな想いが湧いてきます。
相方に「一緒に食べよう」と提案しますが、

「俺は絶対食わん。これは絶対無理!」

拒否感がハンパないです。。
結局、私一人で挑戦します。
夜市では臭豆腐と台湾啤酒を合わせる私。
多少クセのある程度なら平気なんですが・・・
こいつは厳しかったです。
ブルンブルンで・・・胸焼けがして・・・
完食できませんでした。。ゴメンナサイ。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

まさに千と千尋の世界!って感じの階段を行くと、
雰囲気最高な茶店(カフェ)がいくつかあります。
しかし私たちにはこんな情報が刷り込まれてます。
「物価の安い台湾でも、お茶は高い!」

中国台湾には
「お茶で身を滅ぼす」って諺?
みたいなのがあるらしいです。
ハマると抜け出せなくなり、
お金がいくらあっても足りないみたいな。
「ここは一部のセレブのみが入ることを許されるお店だよ」
とか言いながら相方と二人、スルーします。

でも大丈夫!我々庶民でもお財布の心配をせず食べられる、
九份の街にピッタリのスイーツ、「芋圓」があります。
日本でいう、「おしるこ」なんですが、
団子が色とりどり、食感は白玉よりも弾力があります。
食べごたえがかなりありますよ。
私は小豆、相方はタピオカをトッピングしました。
12月の九份、街歩きで冷え切った身体を温めてくれます。
提灯の明かりで雰囲気も最高!
九份の食べ歩きはかなり楽しめます♪

【九份③ロケーション、に続く】


地図もないまま九份観光スタートです

「肉圓」(バーワン) のお店。ちゃんとした店構えです。

この色味!パンチ効いてます。フォークを2本くれましたが、
相方は一切手を付けませんでした。

「芋圓」のお店。お客さんでいっぱいです。

小豆とタピオカ

タピオカがつやつやしてます

レトロな「芋圓」のお店もありました

12月にノースリーブのおっちゃん

スポンサーリンク

フォローする