花蓮① 太魯閣への拠点 花蓮を目指す

初の海外一人旅二日目。
今日は鉄道で花蓮を目指します。

 太魯閣国立公園とは台湾中部、花蓮県の山部にあり、南北に約38Km、東西に約41Km、総面積は9万2000ヘクタールに及びます。一番の見どころは、太魯閣渓谷。花蓮県を流れる立霧渓が太魯閣の大理石を侵食して形成された渓谷には高山、断崖、滝など豊かな生態を感じることができます。(台北ナビより)

目的は台湾一の絶景スポットとも呼ばれる「太魯閣」。
これは是非とも行ってみたい!
特にツアーなど申し込みもせずに
とりあえず花蓮に向かいますヽ(´∀`)ノ

8:00台北駅発の自強号に乗ります。
しばらく列車の旅を楽しんでいると、
日本語が聞こえてきました。
現地人同士で中国語ではなく、
台湾語(多分)で会話している最中、
でかい声で独り言を言う、みたいな感じで
おばあさんが日本語を話していました。

「日本語を話せるんですね」と話しかけると、
「日本人なの?どこまで行くの?」と嬉しそうに
お話をしてくれました。
おばあさんは80歳で、台東まで行くとのことでした。
話し始めてから、すぐに花蓮駅に到着したので
ほとんど話せませんでしたが、
旅の前に本で読んだ、
日本統治時代を知る世代の方との出会いが
とてもうれしかった。

10:30花蓮駅に到着。
ここから市街地の花蓮旧駅へ向かうのですが、
どこでどのバスに乗ればいいのかわからない。。
困って観光服務中心のお姉さんに聞くと、
わざわざバス停の場所まで連れて行ってくれました!
すかさず日本から持参したお菓子をお礼に渡します(^-^)/

花蓮客運のバスで旧駅に到着。
まずは宿探しです。
現在11:30、時間はたっぷりある、
この旅最初の宿探し、気合入れていくぞ!
と、バスを降りると目の前に宿を発見。(゚△゚;ノ)ノ

「金龍大旅社」

ネットで安宿探しをしていた時に、よく出てきた宿です。
アクセスよすぎなので、ここでいいかなと、
あっさり決めちゃいました。(´∀`*;)ゞ
宿のおばちゃんは日本語ペラペラです。

明日タロコ渓谷に行きたいんだけど・・・と相談すると、
700元で1日観光ツアーに参加できるとのこと。
現地のツアーに参加するのも面白い、
お値段も手ごろ、ってことで、
これもあっさりと決めちゃいました。
まさにとんとん拍子です\(^o^)/

【花蓮②へ続く】

【主な費用】
移動 台鉄(自強号 台北―花蓮)440元
バス 花蓮客運(新駅―旧駅)23元
宿 金龍大旅社(700元×2泊)1,400元
ツアー タロコ渓谷1日観光 700元

台北駅ホーム
台北駅のホームで自強号を待ちます。
自強号 車内
車内の様子。ちなみに大きなスーツケースだと置き場に困ります。
金龍大旅社
花蓮旧駅のバス停の目の前です。
金龍大旅社
アクセスは抜群にいいです。おばちゃんも日本語を話せるので、初心者向きの宿だと思います。
金龍大旅社
部屋は狭め。1泊700元、値段相応だと思います。
金龍大旅社
タイル張りのお風呂です。シャワーカーテンなしのタイプ。

スポンサーリンク

フォローする