花蓮⑤ タロコ渓谷 完全アウェーツアー

8:20、宿で待機していると1台の立派な大型バスが
宿前のロータリーに入ってきます。
「バスが来ました」と金龍のおばちゃんに告げ、
乗り込もうと立ち上がると、

「違う違う、それじゃない!」
「ああ、そうなのか」ともうしばらく待っていると、
グレーのくたびれたワンボックスカーが入ってきます。
「あれだよ、いってらっしゃい」

・・・まあ、700元の格安ツアーだし、こんなもんですよね。。
途中、「Amigos Hostel」で他のお客さんをピックアップして、
運転手・ガイドさん・お客さん、総勢10人で出発です。

アミーゴホステル

ガイドさんが片言の日本語を話せたのは本当に助かりましたが、
お客さんの中で日本人は私だけ。。(;゜0゜)
完全アウェーの車内で一人、勝手に緊張しまくりでした。
快晴の観光日和の中、花蓮の街中を抜け、
山深い中を抜け、タロコの入口のゲートに到着です。

タロコ 太魯閣

タロコ 太魯閣
このワンボックスに日本人一人は結構緊張しました。(//>ω<)

ゲートを抜け、まずは「砂下礑歩道」を訪れます。
崖をくりぬいただけの歩道に、絶え間ない人の列が続いてます。
是非とも歩いてみたかったんですが、
ツアーでは川の上の橋から眺めるだけでした。。う~ん、残念。

タロコ 太魯閣

タロコ 太魯閣

続いて「燕子口」に来ました。
ヘルメットをかぶり、洞窟の中を歩きます。
洞窟の岩場の切れ目からダイナミックな川の流れを見下ろす・・・
ガイドさんによると水量が少なくて、
迫力はいまいちらしいです。( ノД`)

タロコ 太魯閣

タロコ 太魯閣
洞窟の中をこんな感じで歩きます。写真右下の人は同じツアーの人。

タロコ 太魯閣

タロコ 太魯閣

タロコ 太魯閣
漢字だと意味が分かりますね。(´∀`*;)ゞ

ちなみにツアー参加者は女の子の友達同士・
夫婦2組+乳幼児・女の子一人・自分一人。
自然と一人参加者同士で行動するようになりました。
あちこち回るうちに、だんだんと緊張もほぐれてきて、
片言の中国語で会話できるようになりました。(*^_^*)
これが・・・なかなかびっくりの展開でして。
次回へ続きます。

【花蓮⑥へ続く】

スポンサーリンク

フォローする