瑞穂② 緑茶肉圓を食す

瑞穂駅に到着。
まずは昼食のため、お店を求めて彷徨います。

瑞穂の駅前通りはとても規模が小さく、
食事できるお店もわずかしかありません。
簡単に妥協するのも悔しいので、
駅前の大きめの通りまで足を延ばして探します。

すると気になるお店を発見。
【緑茶肉圓】と看板が出ています。

肉圓・・・
以前九份でトライして全く口に合わなくて、
完食できなかったあの肉圓・・・。
同行した友人に至っては完全拒絶して、
近づこうともしなかったあの肉圓・・・。

九份② 九份食べ歩き

とは言え、あの時、自分で注文しながら、
出された料理を残したことが、どこか心残りだった。。
ここで再挑戦して、あの時の心残りをきれいに払拭したい!
そんな気持ちで注文してみました。

肉圓 バーワン

肉圓 バーワン

パクチーの効いた乾麺45元
緑茶肉圓30元

「・・・まずい。・・・正直まずい。。」

やはり口に合わないものはしょうがないと再認識しました(;’∀’)
ちなみに乾麺はとてもおいしいです♪

さて、肉圓によるこの胸焼けをなんとかせねば・・・。

店を出て少し歩くと、甘味処を発見。
看板を見ると「芒果冰」の文字!
そういえばまだマンゴー食べてなかった。

マンゴーかき氷

マンゴーかき氷60元(当時のレートで約200円)

めっちゃマンゴー入ってる!!
日本で食べたらいくらするんだろう?
コストパフォーマンス高すぎ!
胸やけも、暑さも、疲れも、全てふっ飛びます(*’▽’)

-------------------------

おなかも満たされ、駅で茶園探しです。
瑞穂といえば温泉ですが、どうやらお茶推しでもあるらしく、
茶園の紹介文が壁一面に掲示されています。
て言うか、多すぎてどうしていいかわからない。。

一通り眺めると、ネットで見つけていた茶園名を発見。

【嘉茗茶園】

「蜜香紅茶」というお茶で受賞歴がある、という記事を
見ていたので気になっていました。
多すぎてわからないし、もうここに決定!

片言の中国語で「この茶園に行きたい」と、
スタッフのお姉さんに告げます。

「〇△□☆~!」

中国語を早口で話されると理解不能・・・。
すると、日本語を少し話せるおじいさんを連れてきてくれました。

「ここから30分はかかるけど、車かバイクで行くのか?」
「車もバイクもないです。バスはないのですか?」

これは困った客が来た、という感じでスタッフ同士で話し合ってます。
(たぶん現地の言葉、中国語ではない台湾語(台語)と思われる)
そしてしばらく待った後、

「茶園に電話したら、迎えに来てくれると言ってるから、少し待ってなさい」

!!

なんて親切なんだ。。
おそらく移動手段のない日本人の観光客を不憫に思って、
わざわざ茶園に電話してくれたんだな。

親切に甘えて、暫し駅の待合所で待ちます。

スポンサーリンク

フォローする