台東② 激安宿!金安旅社へチェックイン

台東旧駅へ到着。
まずは宿探し。
とりあえず旅客中心(インフォメーションセンター)へ行ってみます。

備え付けのPCがあったのでネットで検索。
すぐ近くに安宿がある!

【金安旅社】1泊500元

これはなかなかの安宿。
しかも旧駅の大通りを挟んで真向いにあり、
立地は最高です。

金安旅社

早速安宿を訪問。
すると狭いロビーの椅子におばあちゃんが一人座っていて、

「宿泊かい?だったらパスポートを出して」

ちゃきちゃきの日本語でおばあちゃんが話しかけてきます。
あれ?宿の人なのかな?と言われるままに出していると、

「ちょっと待ってて、すぐ人が来るから」

ただの世話焼きのおばあちゃんか??

しばらくすると奥から東南アジア系の女性スタッフが出てきて、
チェックインの手続きは女性スタッフが行い、部屋に案内されました。

金安旅社

金安旅社

金安旅社

金安旅社

お風呂とタオルは・・・正直厳しいかな。

-------------------------

荷物を置いて、さあ次は昼食だ!

鍵を預けにカウンターに行くが誰もおらず、
いくら呼んでもスタッフが出てこない。。

仕方なく鍵を持ったまま宿を出ると、
おばあちゃんと再度遭遇。
日本語で話せるし、この際聞いてしまおうと、

「近くにおいしいお店ありませんか?」
「なんでもいいかい?こっちにおいで!」

グイッと手を引かれ、宿の隣の食堂へ(;´∀`)

「ここおいしいんですか?」
「特別変わりないよ!普通だよ!」

まあ、ハズレじゃなければいいよね。。

台東 ごはん

肉燥飯(肉乗せご飯)・湯(スープ)・蔬菜炒(青菜炒め)計75元

普通の台湾の昼食をいただきました。

-------------------------

昼食を終え宿に戻ると、またおばあちゃんがロビーにいます。
「おいしかったです」とか話しながら、カバンから部屋のカギを出すと、

「鍵はカウンターに預ける!持ち出したらダメだろ!」
めちゃくちゃ怒り出します。。

「カウンターに誰もいなかったから。だいぶ呼んだんだけど。。」
言い訳をすると、今度は矛先が東南アジア系の女性スタッフに!
なんか女性スタッフがめちゃくちゃ怒られてます。。

これはダメだなと。謝るしかないなと。。

「おばあちゃんごめん、僕が知らないで持ち出したんだよ」

女性スタッフにも申し訳なくて、目で「悪かったね」と合図すると、
うんうんって伝わった感じ。いや~焦った。(-_-;)

2011年夏のこと。まだあのおばあちゃん元気かな。

スポンサーリンク

フォローする