台東④ 三仙台行きのバスの中で

6時に宿を出発。
まずは朝食。宿の隣の隣の普通の食堂で、
麻醤麺(35元)をいただきます。

台東 朝食 麺

台東 朝食 麺

鼎東バスターミナルから三仙台行きのバスに乗車。(164元)
片道1時間半かけて目的地を目指します。

三仙台 バス

三仙台は三人の仙人がいたという伝説がある、
台東有数の景勝地。美しい形をした橋が架かっています。

三仙台に近づくにつれて乗客は、
おじいさん一人、 お父さんと娘の家族数人、
私の3組になりました。

おじいさんは本当にヨボヨボで、
一人で行動できるのか心配になるほど・・・。

道中、水を飲みたいのかペットボトルを出しますが、
フタが開けられなくて子供に笑われていて・・・。
なかなかの切ない絵面でした。。

そのうち、お父さんと娘が私に興味を持ったのか、
何か話しかけてきます。
でも、「どこに行くのか?」くらいしか聞き取れなくて、
全く会話になりません。

「哪里人?」(どこの国の人?)

これもなんとか聞き取れたので、
「日本人です」と答えると、
「おじいさん、日本人が来てるよ、通訳頼むよ」
みたいなことを言っています。

すると、ヨボヨボだったおじいさんの目に光が甦ります!

片言の日本語でしたが、
「三仙台に行くのならここのバス停で降りて」
「この道をまっすぐ歩いていけばいい」
しっかりとした様子で説明してくれます。

必要とされてから、おじいさんに明らかに生気が甦った。。

人は誰かに必要とされると生き生きと輝くんだな、ってのを
目の当たりにして、これって大切なことなんじゃないかと、
台東のローカルバスの中で、しみじみと感じていました。

そんなこんなで三仙台に無事到着です。

スポンサーリンク

フォローする