新竹① 城隍廟で小吃三昧

今日は台南から新竹へ、新幹線で移動します。

8:30 台南火車駅発
9:07 台南高鉄駅着(切符代 25元)

台南高鉄駅

10:49 台南高鉄駅発
12:01 新竹高鉄駅着(新幹線代 1,060元)

新竹駅

台湾新幹線の駅はとてもきれいで近代的です。

新竹火車駅へ移動。(切符代 15元)

まずは宿を探します。
旅も終盤、重たいスーツケースを引きずって
いい宿を探す気力もなかったところ・・・

新竹 安宿

新竹 安宿

1泊680元!?めっちゃいいじゃない!
すぐにここに決めて入りますが、

店員「1泊1,350元です」
私「・・・」

土曜なので仕方ないのか・・・
探し歩く元気はないので妥協してここに決定です。

新竹 安宿

新竹 安宿

新竹 安宿

多少高いだけあって広さも清潔さも申し分ないです。
今まで節約してきたので良しとしましょう。

16:00 宿を出発。
夕食を求めて「城隍廟」へ。

すごい賑わい!
どこのお店も人がいっぱいで、活気にあふれてます。

貢丸湯

貢丸湯(すり身団子スープ 35元)

これが新竹では有名らしい。
すり身団子はぶりんぶりんの食感で食べ応えあり。
スープはあっさり味。かなりおいしいです。

そして定番の、

カキのオムレツ

カキのオムレツ 50元

甘辛いたれで小ぶりのカキがたっぷり。
外れなしのおいしさです。

そしてデザートはいつもの、

マンゴーかき氷

マンゴーかき氷
いやー、台湾の小吃を食べ尽くしました。

-------------------------

翌朝、新竹駅前からバスで台北へ移動。(バス代 130元)

交通渋滞・事故等のリスクはありますが、
スーツケースを引きずって電車で移動するよりも
かなり楽で便利です。

台北バスターミナルB駅から桃園空港へ移動。(バス代 125元)

桃園空港

10日間に及ぶ台湾東回り一周の旅、
無事終了しました。

一周してみての感想として、
「東海岸での台湾人との触れ合いはかなり濃かったな」
という印象でした。

花蓮・瑞穂・台東では台湾人とかなり会話する機会がありましたが、
高雄・台南・新竹では観光地を回ってただけ、という感じでした。

東海岸の台湾人はとにかく人懐っこい!
旅の思い出も東海岸のことばかりが残ってます。

今回の旅でできたこと、できなかったこと、
次はこうしたい!ってことがたくさんありまして、
またすぐに訪れることになりました(;´∀`)

【台湾離島の旅】に続く。

スポンサーリンク

フォローする