台北③ 台北でうなぎが美味い!【肥前屋】

9:00 宿を出発。
9:30 地下鉄で移動して松山機場に到着。

明日離島に飛ぶための国内航空券を購入します。

松山機場

復興航空

復興航空

澎湖島の馬公行き航空券(1,790元)を購入。

今回は台湾本島の西に位置する、
台湾人のリゾートアイランド、「澎湖」へ行ってみます。
特にあてもなく、「オフシーズンなんで大丈夫でしょ」ってことで
宿もとっていません。大冒険です!(2011年11月)

台湾台湾省澎湖県馬公市澎湖

倍率を変えてもらえれば、島の位置がわかると思います。
澎湖については台北ナビなどで検索すれば詳しく説明してくれてます。

-------------------------

明日からの大冒険を楽しみにして、次は昼食。
地下鉄で台北駅の一つ北の駅、中山駅へ移動。

台湾台北中山区中山北路一段121巷肥前屋

ネットで見つけて気になっていた鰻のお店、
【肥前屋】を目指します。

私は「明日世界が終わるなら何を食べたい?」と問われれば、
「うなぎ!」と答えるほど大の鰻好き!

スーパーのおさかなコーナーで
台湾産のうなぎを見かけていたので、
「現地で食べればお得なのでは」と、
ひそかに考えていました。

期待に胸を膨らませながら歩き、
11:30【肥前屋】に到着。

肥前屋 うなぎ

肥前屋 うなぎ

開店と同時に訪れたにも関わらず、
台湾人のお客さんで満席!
これはすごい繁盛店です!

肥前屋 うなぎ

オーナーが日本人らしく、店内は完全に日本仕様。
けど、お客さんは大半が台湾人というギャップ。

肥前屋 うなぎ
うな重(大) 2011年当時 340元

肥前屋 うなぎ
う巻き 2011年当時 90元

もうマジで最高!!

ふっくらとしていて香ばしく、
臭みなんて全くありません。
日本で食べるうなぎの味と全く変わらない!
うなぎ好きにはたまりませんな(*´ω`)

当時のレート、価格で日本円にして
うな重が1,000円程度でした。
体感としては日本の半値って感じでしょうか。
コストパフォーマンス良すぎます!

しかし今では結構値上げされています。
(現在はうな重(大)が480元になっているみたい)
非常に残念。。でもこれは仕方がないですよね。

スポンサーリンク

フォローする