嘉義⑥ 関子嶺温泉でお肌つるっつる!

17:00 宿に灯りがともりました。

関子嶺温泉

深い緑、霧が煙る中、柔らかく灯る温泉宿の明かり。
古びた建物と共に、景観に馴染んでます。

関子嶺温泉

もっと暗くなってから撮ればよかったな。

関子嶺大旅社

たっぷり歩いて疲労困憊。泥湯が楽しみです(*´ω`)

関子嶺温泉

こんな感じで、勢い全開で湯を張ります。
濁りですぐに底が見えなくなりました。
これは期待できる!

そしていよいよ入浴!

・・・あれ?想像してたドロッと感が全くない。。(*_*;

何だかサラッとしたお湯でして、想像してたのと真逆でした。
独特のにおいもあって、これはどうなのか・・って思ってしまいましたが、

なんか肌がツルツルしてる!

それは湯上がりに実感できます!
自分の肌なのに、30代のおっさんなのに、
触ると気持ちいい!(;´∀`)

いやいや、満足満足。
そして湯上がりはこれしかないでしょ。

夜食

台湾ビール 500ml 2本 80元

ここで痛恨のミス。
アテを用意するのを全く忘れていました。。
仕方なく、明日移動中に食べようと買っておいた
お菓子に手を付けます(;´∀`)

夜食

わらび餅みたいなやつ(値段は忘れました)

これ自体はそこそこ美味しいんですが、
ビールに合わせるような代物じゃない(;’∀’)

せっかくいいお湯に浸かって、いい気持ちなのに、
なんて締まりが悪いんだ!

とか一人で悶々としながらも、

歩き疲れ+温泉+ビール

気持ち良~く就寝できました(*´ω`)

スポンサーリンク

フォローする