嘉義⑦ 紅葉公園を散歩、いやプチ登山!

温泉効果なのか目覚めがよく、かなり早起きしました。

7:00 散歩へ出ます。
少し歩くと公園の入り口を発見。

紅葉公園

紅葉公園

紅葉公園

なんなんでしょう、この階段(;’∀’)
かなりの傾斜、相当な長さです。
進むべきか、進まざるべきか、悩ましい。。

まあ、散歩にはちょうどいい。
温泉ですっかり元気回復しているし。
ってことで迷ったらGOです<(`^´)>

紅葉公園

こんなお花を眺めながら進みますが、一向に公園に着かない。。
朝からヒーヒー言わされます。

紅葉公園

20分はかかったでしょうか、やっと公園に到着。

あとでグーグルマップで確認したところ・・・

台灣台南市白河區紅葉公園

300m近く山登りをしていたことがわかりました(;’∀’)
思ってた以上に時間がかかり、疲れました。。
早く下山して朝食を摂らないと!

竹筒飯

帰り道で見つけました。
あちこちで見かけた「竹筒飯」です。

竹筒飯

見た感じ、大量に作り置きしているという感じではなさそう。
せっかく関子嶺に来ているので注文してみました。

竹筒飯

竹筒飯 50元

見た目は関子嶺特産の椎茸も入っている魯肉飯、
って感じでしょうか。
期待を込めて口に運びますが・・・

・・・何というか、普通というか。。
やはりお米自体の味が落ちるという感じです。
日本のお米はほんとにおいしいと実感。
海外旅行あるあるですね(;´∀`)

-------------------------

朝食を済ませ、宿に戻ります。
想定以上に散歩に時間を取られてしまい、
楽しみにしていた朝風呂に入れず。。
仕方なく宿の大浴場!?を撮影だけしときました。

 関子嶺温泉

関子嶺温泉

「うわっ、汚い!」と思ったそこのあなた!
古いだけです。趣きがあると思ってあげてください。

そして大浴場と呼ぶには微妙な大きさ。。

けど、部屋風呂よりは開放感がありますよ。
入浴できなかったことが心残りです。

これで関子嶺温泉の旅は終了です。
バスと列車を乗り継いで台北へ戻ります。

しかし、ここで未熟な中国語ゆえの
ハプニングを経験してしまいます。

【嘉義⑧へ続く】

スポンサーリンク

フォローする