【十分】で憧れのランタン飛ばし

今回は台湾初心者の彼女のため、
女子に喜んでもらえそう?な行程を考えました。
九份→猴硐(猫村)→十分の2泊3日手作り二人旅です。

夜空に無数のランタンが飛んでいるあの光景、
テレビ雑誌等で見たことがあるんじゃないでしょうか。

今回は、まさかの土砂降りの中、
何とか憧れのランタン飛ばしをしてきました。

ランタン飛ばしの価格・システムなど、気になるところを
私たちの経験を基にご紹介します。

十分へのアクセス

電車でのアクセスが最もわかりやすく、且つ安いと思います。
台北駅-瑞芳駅-十分駅で1時間半ほどで到着します。

私たちは猫村【猴硐】から【十分】へ電車で移動、
3駅ほどですぐに到着しました。(電車代:15元)

十分駅に到着。

手書きの案内図。味がありますね。

ランタンの購入方法・価格

十分駅に到着後、線路沿いを歩くと沢山のお店があり、
ランタンが売られています。

いくつかお店がありますが、
どこで購入しても同じだと思われます。

価格は色使いによって異なります。
1色が150元、4色が200元でした。
私たちは潔く、赤1色!を選びました。

このように線路沿いでランタンに願いを書きます。
物干し竿に洗濯ばさみで固定、毛筆です。

  

我が野望、釣魚倶楽部年間賞金王!
趣味の釣りでの願いを書きました(;´∀`)

  

4面あるので願いは書き放題です。
だんだん書くことがなくなって、アンパンマンを書く始末。。

  

プロの代書屋さんがいるのでしょうか?達筆です。
それよりも雨がすごくて・・・。
右上の写真の奥の人たちは雨具を着てるし。。(;’∀’)
雨が弱まると線路に出て、急いで飛ばします。

    

土砂降りの中、私たちのランタンも何とか飛ばせました。
ちなみに飛ばす際は店員さんが写真を撮ってくれます。
撮影代も込みで150元ですね。

時折電車も通るのでご注意を。

土砂降りなのに観光客はかなり多かったです。
帰りは満員電車で2時間近く、立ったままで移動。。(*_*;
かなり過酷なので覚悟が必要です。

詳細はこちらの記事をどうぞ。
九份→猴硐(猫村)→十分 2泊3日手作り二人旅

まとめ

友人や彼女と訪れて、たくさん願い事を書く。
なかなか素敵な経験になると思います。

憧れのランタン飛ばし。
お勧めできますよ!
帰りの移動は大変ですけど(;’∀’)

スポンサーリンク

フォローする