澎湖⑧ フェリーで七美島へ 恋人たちの聖地!?【双心石滬】

10:30 望安港発

11:30 七美港着(切符代170元)

七美港に到着。

すぐに見知らぬ台湾人男性から、

「日本人?」

「はい、そうです!」

「さあ、乗って乗って!」

すぐに見知らぬお兄さんと原チャリ二人乗りで出発(;’∀’)

話が通っているようで、いきなり観光スタートです!

七美人塚(交通部観光局澎湖国家風景区管理処, 版権所有)

ちなみに上記の説明の中にある盗賊とは、

「倭寇」のことのようです。

お兄さんに笑いながら説明されました(;’∀’)

望夫石(交通部観光局澎湖国家風景区管理処, 版権所有)

上記の説明を読んで初めて知りましたが、

いい釣り場のようです。

釣りしてみたいな~。

龍埕(交通部観光局澎湖国家風景区管理処, 版権所有)

大獅風景区(交通部観光局澎湖国家風景区管理処, 版権所有)

小台湾(交通部観光局澎湖国家風景区管理処, 版権所有)

ここも、釣りとキャンプのポイントのようです。

雙心石滬(交通部観光局澎湖国家風景区管理処, 版権所有)

ここが七美のシンボルですね!

説明にもありますが、潮が引いてないと、

海に沈んでいて見られません。

たまたま、最高の状態で見ることができました(*´ω`*)

フェリーだと、馬公 → 望安 → 七美で

2時間以上かかります。

飛行機でサクッと到着ってのもありですね。

ここはお役所でしょうか?

お兄さんが「自分の職場に寄る」といって

連れてこられました。

写真右端の男性がお世話になった林さん。

はやしさん、ではなくリンさんです(;´∀`)

「お腹空いてるでしょ?」

と言って連れてきてもらった食堂。

猪血湯(豚の血を固めたスープ)

字面はおどろおどろしいですが、

プルプル食感でとっても美味しいです!

チマキみたいなやつ。

甘いたれがクセになります。

リンさんとのツーショット。

観光に連れて行ってくれて、ごはんをご馳走してくれて・・・

初めて会った外国人の自分に、本当に良くしてくれて・・・

本当にお世話になりました。

あとで「澎湖のおっちゃん」こと、許さんに聞いたところ、

リンさんは国民党?政府の関係者??とのことでした。

エライ人だったのか・・・よくわかりませんが。

「ここの店主は友人なので、休憩しましょう」ってことで、

日用品店に入りました。

【紅龍果(ドラゴンフルーツ)】

日本で食べるものは味がありませんが、

これはほんのり酸味がしてめちゃくちゃ美味しい!

理由を筆談で聞くと、以下のとおり。

「地質有塩分 → 甜 , 微酸 C」

なんとなく意味わかりますよね~(;´∀`)

スポンサーリンク

フォローする