台湾を旅するようになったきっかけと、私の中国語のレベル

2011年頃から台湾一人旅にはまっています。

きっかけは「海外一人旅ができる人は何だか逞しくてカッコいい。けど、やっぱり怖いから最初は初心者向けの国がいい」ってことで台湾を選びました。

私の中国語のレベルですが、はっきり言って片言です。旅行中国語会話がギリギリできる程度です。(HSK4級,日本中国語検定3級取得してます)

「おもいっきり言葉に不自由するけど、何とか一人で行って帰ってこれる」

このくらいが旅を楽しむのにちょうどいいのではないか、そう感じています。(ペラペラだとハプニングも少なそう)

何度も訪れていると段々と慣れてきて、今では澎湖や緑島など、離島にも行くようになりました。そして澎湖では、なんと友達もできてしまいました!(2015年からは、より強い刺激を求めて中国一人旅にも行ってます)

何より台湾人は優しい。とにかくめちゃくちゃ優しい!
(ちなみに中国では優しさを感じることは少なく、常に厳しいです)

「この中国語がおぼつかない日本人、ほっとけないな」という台湾人のやさしさに甘えながら、これからも楽しい旅を続けていきます。

フォローする